乳腺炎

        スポンサードリンク


乳腺炎とは、乳腺組織が細菌などの侵入によって、 炎症を起こすというものです。
主な原因には赤ちゃんへの授乳や、陥没乳頭などがあります。

まず授乳が原因となる場合では、授乳を開始してから約2~3週間後に、
急性乳腺炎を発症しやすいとされています。
母乳は乳房が作り出しますが、赤ちゃんが作り出した分だけの母乳を
たくさん吸ってくれなかった場合には、母乳が乳房の中に溜まってしまうこととなります。

そして授乳によって皮膚が傷つけられることで細菌が侵入し、
溜まった母乳に感染をすることで膿瘍が形成されるという状態になるのです。

他にも代表的な症状には、乳輪下膿瘍があります。
そして乳腺炎は、陥没乳頭の女性も発症しやすいとされています。
陥没乳頭の場合は、乳頭が乳房の内側に陥没した状態となっているため、
衛生的にバイキンなどが進入しやすくなっています。

そして侵入した細菌によって乳管が腫れ上がり、痛みをともなうこととなります。
陥没乳頭が原因となって発症する乳腺炎は慢性化する場合が多く、
場合によっては陥没乳頭の乳頭形成手術が必要となります。

予防をするためにはなるべく陥没している乳頭を押し出し、
綿棒などで雑菌消毒などをし、清潔に保つということが大切となります。

        スポンサードリンク

このページの先頭へ