乳輪下膿瘍

        スポンサードリンク


乳輪下膿瘍は、とくに陥没乳頭の女性に起こりやすい症状とされています。
その症状は、乳輪の下の部分に膿瘍ができるというものです。

膿瘍とは化膿性の炎症によって、膿が溜まった状態になることを言います。
乳輪下膿瘍を発症すると、乳腺が赤く腫れ、痛みを伴うようになります。

乳輪下膿瘍は放っておいても自然に破壊されて膿を外へ出しますが、
それで完治をするということはほとんどないため注意が必要です。
一時的には治まったようには見えますが、再び膿瘍を作り出し、
また破壊して膿を外へ出すといったことを繰り返します。

とくに陥没乳頭の人は、乳輪下膿瘍が慢性化しやすいとされています。
何度も再発を繰り返して慢性化すると、乳がんに進行をすることもあるため、
必ず早いうちに医療機関にかかり処置を受けることが大切です。

治療方法としては、まずは乳輪を切開して膿を外へ出し、
細菌感染が疑われる場合には抗生物質の投与を行うこととなります。

そして切開した一部分を開放し、瘻孔と呼ばれる炎症によって生じた
皮膚などの組織の管状の穴を作ります。
瘻孔は炎症が治まったのちに切除されることとなります。
そして陥没乳頭は、再発を防ぐためにも形成手術を行うこととなります。

        スポンサードリンク

このページの先頭へ