陥没乳頭の問題点

        スポンサードリンク


陥没乳頭の問題点には、出産後の赤ちゃんへの授乳や衛生面、
見た目の特異さなどがあります。
中でも見た目に関しては、多くの女性が大きな悩みとして
コンプレックスを抱いているようです。

まず出産後の赤ちゃんへの授乳に関しては、
軽度であれば赤ちゃんの吸引力によって陥没した乳頭が
出てくるという場合もありますが、重度の場合では乳頭が出てこず、
赤ちゃんを母乳で育てるといったことが困難となります。

生まれて来たわが子に母乳を与えることができないというのは、
母親として大変辛いことかと思います。
そして陥没乳頭の問題点には、衛生面が悪化することで陥没した乳頭部分に
バイキンなどが侵入し、乳管炎や乳腺炎を発症させるといった危険性もあります。

また後天的に陥没乳頭を発症したという場合には、
乳がんなどの疾患が関わっているという場合もあるため注意が必要です。

そして多くの女性が悩む陥没乳頭の問題点は見た目です。
これに関しては、精神的に恋愛に積極的になれないなどといった点などがあります。

軽度の場合には専用の吸引器具などを使用して改善することも可能ですが、
重度の場合には外科手術を選択するという女性もいます。

とくに美容外科手術に関しては保険が適用されないため、
資金面の負担にも悩む女性は多いようです。

        スポンサードリンク

このページの先頭へ