乳頭亀裂

        スポンサードリンク


乳頭亀裂は産褥期のトラブルのひとつとして挙げることができます。

普通は、乳児の乳を吸う際の力が強すぎたり、
姿勢が悪い場合に起こりやすいともいわれていますが、
陥没乳頭もひとつの乳頭亀裂を起こす原因ともいわれています。

そもそも陥没乳頭の場合、授乳の際に乳首を引き出す必要があるわけですが、
その際に皮膚が傷つき、乳頭亀裂を引き起こしてしまう場合があります。

対処方法としましては、皮膚がやわらかくなっている入浴の際などに、
乳首をやさしく引き出してあげるとよいかもしれません。

他の原因として考えられるのは、おっぱいがおいしくない場合に
乳児がそれを伝えようとして、乳首をかむような場合です。
また、哺乳瓶になれている乳児も、哺乳瓶のときの要領で力をいれますので、
強く乳首をかんでしまう場合があります。
そういった場合に起こりやすいのは、痛みに耐えかねて
母乳をあげるのをやめて母乳が溜まってしまうような場合です。

このような場合、最悪乳腺炎にもなりかねませんので、
おっぱいは出し尽くすように心がけると良いでしょう。

また、最近では乳頭にかぶせて保護する『乳頭保護器』というような
便利なグッズもありますので、使用してみてもよいかもしれません。

        スポンサードリンク

このページの先頭へ