陥没乳頭 原因

        スポンサードリンク


陥没乳頭の原因には、先天的なものと後天的なものがあります。
ほとんどの場合では生まれついての体質による、先天的なものと考えられています。

まず先天的な場合の陥没乳頭の原因には、
乳管を含む乳頭直下の繊維組織が未発達な状態であるせいや、
繊維の癒着が起こるせいによって乳首が内側へ
引き込まれるといったことなどが 考えられています。
しかしなぜそういった状態になってしまうのかということなどは、
はっきりとは解かっていないというのが現状のようです。

そして後天的な陥没乳頭の原因には、
乳がんや乳腺炎などを発症していることなどが考えられています。
先天的な場合ではとくに心配をする必要はありませんが、後天的な場合では、
重大な疾患をわずらっているという確率が高いため注意が必要です。

また陥没乳頭には、軽度の仮性と重度の真性の2種類があり、
程度によっては生活にさまざまな支障をきたすという場合があります。
軽度の場合では日常生活においてさほど気にする必要はありませんが、
重度になると出産をした際などに、赤ちゃんへの授乳が困難となるなどの
支障をきたします。 授乳障害が出る場合には、手術をすすめられる場合もあります。

手術は形成外科や美容外科で受けることができますが、
必ず事前に医師の診察を受けることが大切です。

        スポンサードリンク

このページの先頭へ